転職サイトでスカウトをたくさん貰うためのテクニック3選

TOP画像 Uncategorized
modern office interior design. Loft concept 3d rendering

こんにちは、今日は下記のような人に向けて記事を書いていきます。

最近転職活動を初めて、ビズリーチやwantedlyなどスカウト型の求人サイトに登録したがなかなか希望に合う企業からスカウトが来ない
昔スカウト型サイトにプロフィールを登録していたが、最近転職活動を再会しプロフィールのアップデートを考えられている方

それでは早速テクニックを紹介していきたいと思います。

①最近流行のワードを使用する

例えば、営業職の場合、営業を担当したとプロフィールに書かれている方は多いかと思います。

しかし、人事やヘッドハンターが求職者を検索する場合、営業ではなく「カスタマーサクセス」「インサイドセールス」「フィールドセールス」といった用語で検索することが増えています。

これは主にIT、WEB、スタートアップ 業界で顕著に見られる傾向です。

その他、ソリューションセールス、コンサルティングセールスといった言葉が使われることもあります。

職種意外で言うと、DXやSGDs、脱炭素などが挙げられます。

このほかにも少しニッチな話をするとSaaSであったり、ザ・モデルであったり、CxOなどでしょうか。業界によっても異なってきますが、業界でトレンドの言葉をプロフィールに入れるようにしておくとスカウトされる確率が上がります。

例えば、システム導入を担当したことがある場合は、DXプロジェクトを担当と書いた方が今現在においてはスカウト数が増えるでしょう。

いくつか例を上げましたが、これらは業界や企業によって使う言葉が異なったりする為、混乱することもあるかと思います。

実際、どんなワードを使ったら良いかは下記を意識すると良いでしょう。

自分が目指している業界や企業の求人サイトや求人票でよく使われている言葉を使用する。

②実績をできるだけ分かりやすく記載する

例えば、下記の2つを見たときにどちらの方が良い印象でしょうか。

A)支店の生産性を成長させました。

B)支店の一人当たり売上高を前年比で15%成長させることができました。

おそらくほとんどの方はBを選ぶのではないでしょうか。

このように、具体的な数字を盛り込んだり、「生産性」という抽象的な言葉を「一人当たり売上高」という具体的な指標に変えるだけで、好印象になり、スカウトをもらえる確率が格段に上がります。

③人事やヘッドハンターが好きなワードを盛り込む

これもまずは例を出してみます。下記の2つのプロフィールがあったときに、どちらが好印象でしょうか。

A)私は営業を担当しました。外回りを頑張りました。

B)私は営業職として主に外回りを担当しました。その周りの効率を上げるためにアポを撮るときには同日に訪問するエリアを限定することで、1日あたりに訪問できる件数を最大化していました。

はい、いかがでしょうか。これもほとんどの方はBの方が良いと思ったのではないでしょうか。

特に、Bの中の「効率」という言葉は人事やヘッドハンターが好きな言葉になります。

この他にも下記は意識すると良いでしょう。

成長・改善・効率・1位・受賞・表彰・V字回復・達成・ランキング

タイトルとURLをコピーしました