転職で後悔しないために知っておきたいこと

TOP画像 後悔しない転職
modern office interior design. Loft concept 3d rendering

日々転職相談をしている中で、よく聞く話として、前回転職をしたが、思ったのと違い再度転職活動をしている。短期離職になってしまうのだが、大丈夫でしょうか。という声を良く聞きます。

きっと、このブログを読まれているあなたは今、転職を検討中のことかと思います。

転職で後悔しないために知っておいた方が良いことをお伝えしていきますので、是非最後までお読みいただけたらと思います。

それではまず、どんな後悔があるのか?という点と、なぜ後悔してしまうのかの2点について私の経験を元にお伝えしていきたいと思います。

どんな後悔があるのか?

実際私が転職相談を受けてきた中でよく聞く話を紹介します。

やりがいがあると思って転職をしたが、実際の業務をしてみると、物凄いプレッシャーでやりがいを感じるどころではなかった。

聞いていた仕事内容と違い、ひびクレーム対応で精神的にきつい

月給が下がったが、その分賞与が出ると思っていた。しかし実際は賞与は業績次第で出たり出なかったりで、実質的に給与が下がってしまった。

月給が下がっ業績が安定している企業に就職できたことは良かったが、年収が全く上がらなくて困っている。

なぜ後悔することになってしまったのか?

後悔の理由は様々ですが、よくあるパターンとしては下記が挙げられます。

・転職することを優先しすぎてしまい、転職先についてあまり調べなかった。

・転職することが目的となってしまい、何が嫌で何がしたいのかを言語化できていなかった。

・転職をすれば全てが良くなると思っていた。

・転職面談で人事担当や話していた良いことを全てそのまま受け取ってしまい、イマイチなところについて調べたり聞いたりしていなかった。

・未経験の職務への転職で、その職務の良いところしか見ていなかった。

どうすれば後悔しないようになるか?

・転職先に絶対に求めたいこと、ここは妥協をしても良いことを言語化しておく(優先順位を決める。)

・転職を焦らずに納得のいく会社から内定をもらえるまで頑張る(焦って自分に合わない会社に入ってしまうと、最悪の場合早期離職をすることになってしまい、次の転職をするときに不利になってしまいます。)

・検討している業界、会社、職務の良い点悪い点を理解した上で、志望企業やポディションを決めていく。

いかがでしたでしょうか。今後の転職活動の参考に少しでもなれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました